2007年6月14日 木曜日

海門寺へ訪問

Filed under: ブログ — homewakaba @ 18:48:00

七尾市大田町の海門寺は、室町・戦国期に能登の守護であった畠山氏(七尾城主)が建立したと伝えられる曹洞宗寺院です。

 今日、イーストの利用者様と一緒にお邪魔し、ご住職のお話を聞いてきました。 ←ご住職登場!

 昔は、人が集い、仏教を学び修行の場であった寺を訪問し、説教等を聞くことで、日常生活の活力に がるよう支援し、また、社会的交流を持つことで利用者様のQOLの改善に繋がれば・・・というスタッフの思いで今回の計画となりました。


 

 海門寺には、七尾市の有形文化財に指定されている木造千手観音坐像や、同じく市有形文化財に指定されている七尾市内最古の鐘があります。

 この鐘は戦時中の金属回収の際もその価値から供出を免れたそうです。

 お伺いした際鐘をつかさせて頂き、利用者様は大変喜んでいらっしゃいました。

またお寺の奥様にも歌を歌って頂きました。

とても貴重な時間となりました。


Copyright(C) 2009 @HOME All rights reserved.